こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

棚田米作り体験記

 一日目・代掻き
しろかき4
代掻き前の静まりかえった棚田の風景
しろかき10
かにとりに夢中
しろかき23
代掻き進行中
しろかき43
お昼、地区のお母さんたちの手料理(プラスほうとう)のご馳走

 今年もまた、米作りの体験に参加した。
一日目は代掻きの作業。
これは、田の中の土を平らに綺麗にならし、苗の植え付けに支障のないように
するためである。
トンボと言う土を掻き寄せる棒を操るのは始めはなかなか難しい。
思い切り土をすくい寄せてしまうのが素人のやり方らしい。
これをやった後、上半身筋肉痛に悩まされたとか・・・
まあ何とか明日の下準備は完了。

二日目・愈々田植え
しろかき49
地下足袋も新調・さあ!がんばるぞ~
田植え53
お母さん心づくしの可愛い洋服で参加
たうえ59
ベテラン?それともこわごわ
たうえ60
大分板についた?
田植え64
可愛い!
たうえ70
もう、泥は怖くない
田植え74
やっと手順よく
たうえ77
この整然さ?

 東京某スポーツクラブのおちびちゃん達が大勢参加した。
泥の中に足を入れるのが怖いとコーチにしがみつく子。
蟹が怖いと中に入れない子。
おたまじゃくしや蛙を追いかけてはしゃぐ子。
真剣に要領よく大人の植えるのを良く見て、たどたどしくも植える子。

 家を出る時お母さんに可愛い洋服、帽子、靴を着せられて・・・
それも次第に泥んこ。喜ばしい限りだ。

 最後に“楽しかった?”と聞くと“うん、楽しかった有難うございました。”と。
こんな可愛い、素晴らしい返事が返ってくるとは!!
バスで到着した時の様子と一変した顔つきに嬉しさがこみ上げてきた。

 これから、田舎のサクランボ狩りを楽しみ、温かい温泉に浸かり
帰路のバスの中ではきょうの出来事をおしゃべりしながら
皆はしゃぎまわっていることでしょう。

 秋の満作を願いながら今年の楽しい田植えも終わりである。

  眠りから覚めて棚田も深呼吸

  尻餅も怖しうれしの田植えかな

  蟹蛙おたまじゃくしの幼子(こ)の田植え

  

 


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/05/31(月) 10:08:55|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ