こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

赤丸二十日の糠漬けの味




             毎日の食卓に欠かせないのが
            野菜の糠漬けです。
            
            乳酸菌醗酵のほどよく進んだ、ぬか床は
            今や私の宝物です。
            この夏には朝晩朝晩、一日に二回
            上から下まで美味しくなーれと言いながら
            綿密に混ぜてあげます。

            時折、ぬかを補充しますが
            だし昆布も一緒に入れてあげます。
            その昆布、一ヶ月もすると
            乳酸菌に、全部食べられて
            姿かたちが消えてなくなります。

            夏野菜が採れ始めると
            いよいよ糠漬けの本番になります。
            

            採れたてキャベツを漬けたり
            (一枚一枚の間に丁寧にぬかを入れ込んで)。   
            キュウリ、茄子、人参、かぶと
            入れ替わり立ち代わり・・・。

            浅漬けもよろしいですが
            しっかりと漬け込んで酸味を味わうのも
            またよろしです。


      
          赤丸二十日のぬか漬け

            いま、赤丸が次から次へ・・採れますので
            これを漬けないテはありません。

            鮭や、鯵のひものなどの定番のおかずは
            あっちへおいて
            この赤丸のぬか漬けがあれば
            それはそれは満足なのです。
            
            今朝も
            白いご飯に
            紅い可愛いあかまる。
            
            わたしはご満悦です。
           
            
      

           

          
スポンサーサイト
  1. 2016/07/06(水) 14:35:49|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本晴れの下で生しらすを食す | ホーム | 人参の花・紫カリフラワーの花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/1066-4985f3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)