こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

手捻り茶碗の削りが終わって




            よいお湿りになりました。
           きのうまでの暑さも、少しは凌ぐことができました。

           抹茶椀の削りの仕上げをしました。
           成形には
           緻密な気配りが必要なことを学びました。

           抹茶椀を観賞するにあたっては
           全体の姿を見て美しいと感ずることから始まって
           高台とのバランス、掌にもっての触覚など・・キリがなくあるということ。
           細部にわたる知識を
           作品を作りながら、丁寧に教えていただきました。



茶椀4

              れいちゃんと二人の、輪形(りんなり)の茶碗です。
              あちらから眺めたり、こちらから眺めたり・・・・・
              重さを確かめたり・・・。
              ようやく出来上がりました。
              


茶椀26

              れいちゃんの作品です。


茶椀

              私の作品です。

              二人とも苦心のしどころは、口縁の波をどの程度にするかです。
              先生のご指導のもと、このようになりました。

              初めての経験故にたっぷりと時間がかかりました。
              ・・が
              これにめげずに、これから数多くを手掛けたいと意欲が湧いてきます。
             
              この後、釉薬を考えねばなりません。
              これもまた、楽しみの一つですし
              益々、茶椀への興味は深まるばかりです。






           
スポンサーサイト
  1. 2016/07/13(水) 19:39:21|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅雨空の下・庭で | ホーム | トマトのアイコが熟れました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/1069-51a885e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)