こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

晩秋・庭の色

  
  朝晩の冷え込みも一段と身に感じられ
 今朝は、飼い犬の飲み水の容器にも薄っすらと氷が張っていた。

  晩秋の紅葉は今、我が家の庭を絶好調に染めている。
 今朝のように真っ青な空と紅葉には思わずカメラを向けたくなる。

秋色6x

  楓、だんこうばい、まんさくなど窓から紅葉を眺める。
 間もなくすっかり葉を落としてしまう木々。
 冬への気構えも一段と強くなる。

花りんと青空
 
  花りんの黄色が、良く青空に映えて

コナラ

  夏には想像もつかないほど綺麗な色に染まった小楢

秋色29科マンサク

  虫につつかれた穴も良い風合いになったシナマンサクの葉

秋色24くりと青空

  大空に向かって聳えた栗の木の葉も殆どの葉を落とした

もみじ葉31

  辺りの冷気の中で、もみじ葉を踏むカサッカサッという音が
 すっかり深まってしまった秋への郷愁を呼び起こし
 しんみりとしてしまう。
 


 
 
 




 
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/11/16(火) 14:48:20|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風物詩(塩山界隈の干し柿) | ホーム | 続・晩秋の乙女湖>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/113-e3a6906c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)