こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

夕暮れの空にしばし見とれて


           



             向こうの山の稜線が、仄かに赤く染まる夕暮れ時は
            何とも神秘的で
            しばしみとれてしまいます。





夕暮れ6





山の夕暮れ7





山の夕暮れ13





山の夕暮れ14

                欅の大木の樹冠の上にぽっかり浮かんだ雲。
                残照に彩られた雲の色。
                
                そして、冴え行く月も現われて。
               
                更け行く夜空に煌めく星星も、煌々の月も
                それはそれは夢見心地を誘うものですが・・・。

                こうした夕暮れ時の
                澄み切った光景を眺めている時の
                幸せな気持ちは
                言葉では表せない程です。


                     昨夕の光景です。
                
                
                
                



            
           
スポンサーサイト
  1. 2017/03/10(金) 11:47:06|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の息吹 | ホーム | 野背坂(のせざか)から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/1144-e07da2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)