こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

釉薬は何を掛けましょうか




            4月25日・26日
           昨年からの積み残しの、釉薬掛け・本焼きを実行しました。

           
             木々の緑が一斉に吹きだした庭の片隅の
            駐車場に陣取り
            微風を体に受けて・・・。
            釉薬掛けは至福の時です。
           
            



釉薬は何を掛けましょうか

                   この場面はあれこれと釉薬をきめているところです。

                 ウグイスの囀りを聴きながら
                 モーツアルトを耳にしながら。
                 先生とれいちゃんと私の大切なうれしい時間です。
            
                 これは焼き締めにしましょう、これは土灰釉にしましょう・・
                 あめ釉、赤天目、黒天目、織部・・・
                 完成品を脳裏に描いて
                 たっぷりと時間を取り
                 あれやこれや心を膨らませながら考えます。

                 陶芸教室と歌うことを嫌い、技術を教え込む、教えるという
                 目線からも離れた先生の指導方針にはいつも感服です。
                 一主婦が趣味として楽しみながら
                 そして、少しづつ自然に陶芸の基礎が学べるようにと。

                 茶椀を手掛けるときは茶道の心
                 花瓶を作る時はお花の美しさとの調和
                 お椀、お皿のときは
                 盛り付けるお料理のこと
                 三人のおしゃべりは、それはそれは自由です。
                 私の大好きな時間です。

                 昨日の夕に本焼きが終わりました。
                 先生と夫が一日中見守って温度を上げてくれました。
                 今朝はもう180℃まで下がっていましたので
                 明日の朝には窯出しができるでしょう。
                 
                 ホッとするやら・・・ドキドキやら・・・。
                 
                 
                 
            
           
           
           
           
スポンサーサイト
  1. 2017/04/27(木) 11:41:30|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いま、オオデマリが美しい | ホーム | 春たけなわ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/1162-35067ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)