こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

師走・折々の風景

  何時もの買い物への通り道。
 この柿の木が気になっていた。

kaki1.jpg

残った柿2

  古民家の玄関先に
 この寒さもものともせず、未だに色鮮やかに
 鈴なりに生っている。
  枯れた師走の風景の中、一段と目を惹き
 私を喜ばせる。



ピラカンサス10

  この、ピラカンサスもまた、枯れた山を背景に
 明々と燃えている。

  山あいの民家の、庭の一角に生えたこんなにも
 伸び伸びとした風景にはいつも心が躍る。



  花屋さんの店頭にはお正月用の花々が並ぶ。
 一つ一つ覗き込んではため息をつく。


ハナ18

花14

松15
  
  其々の家庭にはそれぞれのお正月の迎え方がある。
 ダイニングを、リビングを・・・
 次の年の家族の幸せを願いながら
 色とりどりの花で飾ることでしょう。



  道を通る車も、行きかう人も何とはなしに慌しい。
 私も、残り少ない今年の日数を思わず数えてしまう。
 


 
 
  
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/12/25(土) 20:12:23|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<40年前のシンビジュウム | ホーム | 祝日の晴れた日に・甲府盆地から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/132-70921b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)