こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

父の形見



    
    秋分の日のきょう。

   父の形見の中でも大好きな
   そして、肌身離さずに
   愛用しているニ品。

  父の形見鉛筆立て1

  父の形見2-6

  父の形見果物皿4

    鉛筆立てと切子の果物の盛り皿。

   
    ことのほか風流人で趣味人だった明治生まれの父。

   鉛筆立ての色、形、絵柄のモダンさなども気に入っている。

   果物の盛り皿、めいめい皿は

   やはりモダンな大胆な柄の切子。

   どんな果物を盛っても、しっくりと似合う。

        
    父がこのような品物の中で生活し

   生きたということに思いを馳せた時

   胸が熱くなる。

   私がこの世に生きている限りは

   何にも増して大切にするつもりだ。

   願わくは

   我が息子達にも。

   “物を大切にする”ということ
 
   年齢を重ねるごとに、その思いは強くなる。

   お彼岸の中日にふと・・

   故人への供養になれば・・・と。
 
   






   



   

   

   

   

   

  


  
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/09/23(金) 09:20:33|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お揃い | ホーム | 巨峰ジャム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/297-3786fb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)