こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

冬ばれの朝

ロウバイ(プロぐ用)

ねこやなぎ〔プロぐ用)
四日ぶりの太陽。久々のような気がする。里山の朝、秩父連山からの太陽が、あっという間に顔を出し、窓から外を覗くと、光線が私の顔をめがけて飛び込んでくる。
さあー!久々に庭に出てみよう。
木々の芽は、まだ雪が少々残り凍りついているがみるみる太陽の熱がそれを溶かしてくれる。
雪に香りまで奪われていた“ろうばい”がこんなにも薫り高く花開いていようとは!
“ねこやなぎ”もぬくぬくとした綿毛を纏いこれもまた、氷りを跳ね除け“春だー”と顔をだしている。
この清々しい冷たい空気の中に、全身を委ね身も心もリフレッシュできる喜び。
今日一日の励みになる、木々の芽の営みに目を奪われた朝である。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/14(日) 10:56:47|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ストーブの暖かさ | ホーム | 太陽の申し子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/7-0f9b1613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)