こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

さんまを焼く


   
         秋になると一度や二度は
        もうもうと煙を立ち上げて焼いた
        秋刀魚が無性に食べたくなるものです。

        さんまも
        大漁の声を聞いた途端に
        すっかり庶民の手の届く値段になりました。
        
        3尾で〇〇〇円でした。

        



          さんまの塩焼き25
               煙がたつ様子が撮影できなくて残念です

             物置から、古いコンロと、炭を出してきて
            屋外での昼食の準備です。
            
            懐かしい
            自らこんな光景を作りだして
            感慨に更けるのも
            秋という季節ならではのことです。

            佐藤春夫の“秋刀魚の歌”をいやが上でも
            口ずさむのです。

            スダチの果汁をしたたらせ
            大根おろしをお供に・・・。
            最高です。
        

            この季節、もう一度や二度は良いですね。
            
            
      


       
スポンサーサイト
  1. 2014/09/17(水) 16:54:35|
  2. 料理・菓子・パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりの本焼きに向けて | ホーム | 気晴らしに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://entotum9m9.blog11.fc2.com/tb.php/843-4283fd79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)