こあじさいの庭

田舎暮らしの楽しみ。ガーデニング、野菜作りを通しての里山日記。里山の風景の写真など。

空の青と萌える若葉と




          
         
            何んと素晴らしい青い空でしょう!
           五月晴れのこどもの日です。

           畑仕事のかきいれどきです。
           トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、オクラの苗を植え付けました。
           青い空を仰ぎ仰ぎ・・・。
           作業の手もゆっくりゆっくりです。

           ゴールデンウィークといっても
           車の波、人の波の中は年とともに億劫になります。



空の青と萌える若葉6





空の青と萌える若葉

                   家を取り巻く、草木の萌える若葉に酔いしれています。
                   ウグイスをはじめ、小鳥たちの楽しそうな歌声にも。

                   向こうの林の大木では、アオゲラがコツ・・コツ・・コツと
                   巣穴づくりに盛んです。
                   疲れもせずいつまでもいつまでも精を出しています。
                   失礼ながら、双眼鏡で覗かせていただきました。
                   
                   たんぽぽはもう、綿毛を飛ばすころになりました。
                   


                   
          


               
  1. 2017/05/05(金) 11:45:29|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

若草萌える候となりました




          
               
            
              若葉が目に染みる候となりました。

              完成した器を並べて
             先生を囲んでの反省会をしました。




若葉が目い沁みる27





                 若葉が目に染みる20

                        ゴールデンウィークに相応しい
                        穏やかなお天気に恵まれて。
                        風薫る五月の爽快なスタートです。
                        未だに畑に咲き誇っている菜の花が
                        尚なお明るく彩って。
                        




完成品32





完成品39





完成品43


               昨年は、手び練りやロクロでの抹茶椀造りに
               集中しての稽古でしたが
               ようやく完成に辿り着きました。

               毎回思うのですが
               以外にも面白い釉薬の変化に小躍りしたり・・・。
               器作りの醍醐味というものでしょうか。

               今日は先生、れいちゃん、夫も交え四人で
               自作の茶碗にて、お抹茶を立てて楽しみました。
               使い勝手を確かめながら・・。
               使っているうちに味わい深い茶碗に
               成長することを願いながら。
               
               れいちゃんと私は次への闘志に燃えています。(笑)
               
               
               


             
                         
             
  1. 2017/05/02(火) 16:55:03|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

釉薬は何を掛けましょうか




            4月25日・26日
           昨年からの積み残しの、釉薬掛け・本焼きを実行しました。

           
             木々の緑が一斉に吹きだした庭の片隅の
            駐車場に陣取り
            微風を体に受けて・・・。
            釉薬掛けは至福の時です。
           
            



釉薬は何を掛けましょうか

                   この場面はあれこれと釉薬をきめているところです。

                 ウグイスの囀りを聴きながら
                 モーツアルトを耳にしながら。
                 先生とれいちゃんと私の大切なうれしい時間です。
            
                 これは焼き締めにしましょう、これは土灰釉にしましょう・・
                 あめ釉、赤天目、黒天目、織部・・・
                 完成品を脳裏に描いて
                 たっぷりと時間を取り
                 あれやこれや心を膨らませながら考えます。

                 陶芸教室と歌うことを嫌い、技術を教え込む、教えるという
                 目線からも離れた先生の指導方針にはいつも感服です。
                 一主婦が趣味として楽しみながら
                 そして、少しづつ自然に陶芸の基礎が学べるようにと。

                 茶椀を手掛けるときは茶道の心
                 花瓶を作る時はお花の美しさとの調和
                 お椀、お皿のときは
                 盛り付けるお料理のこと
                 三人のおしゃべりは、それはそれは自由です。
                 私の大好きな時間です。

                 昨日の夕に本焼きが終わりました。
                 先生と夫が一日中見守って温度を上げてくれました。
                 今朝はもう180℃まで下がっていましたので
                 明日の朝には窯出しができるでしょう。
                 
                 ホッとするやら・・・ドキドキやら・・・。
                 
                 
                 
            
           
           
           
           
  1. 2017/04/27(木) 11:41:30|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はるうらら




            
                  
               お花見には、絶好の日和になりました。
          
              甲府盆地、いやそれを取り巻く山々も・・・
              いま何処もかしこも花盛りです。
              今年は少し開花が遅れたようですが・・・
              桜も、桃も一斉にお花見ができるのですから
              それはそれは幸せなことです。

              笛吹市一の宮にある“釈迦堂遺跡博物館”の辺りも
              桜、もも、花桃、菜の花、水仙・・・と色とりどりです。
              花に溢れた小道を歩きながら
              鼻歌の一つも。


釈迦堂遺跡博物館から33





遺跡博物館から38





釈迦堂遺跡博物館の花桃44





桃の花47





遺跡博物館から花桃51





仲良しワンちゃん52

                  ワンちゃんの家族(それはそれは仲良しの)も
                  この嬉しそうな表情です。
                  ご主人さまの一声で整列してくれました。
                  ワンちゃんたち!ご協力にありがとうね。


見晴らし台から63






見晴らし台から64

                 釈迦堂から少し離れた、見晴らし園から
                 甲府盆地見おろして。

                 花に酔いしれての楽しい一日でした。
                  




              

              
              
  1. 2017/04/14(金) 17:51:51|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石とにらめっこして





               久しぶりに、青空の朝を迎えました。
              春の日のこんな朝は
              身も心も晴れ晴れですね!

              


青空と梅26

                 もうそろそろ散ってしまいそうな梅の花ですが
                 今日の青空にはやはり映えます。
                 畑の向こうの藪な中から、ウグイスの囀りが盛んです。
                 なかなか姿を見せてくれないウグイス君です。
                 
                 


石の造形2





石の造形4





石の造形7

                 表面を亀の甲たわしで突いて。
                 さて完成の暁にはどんな感じになるのやら。

                   

石の造形13





石の造形15






石の造形19





石の造形20

               畑で拾った石の造形を土に映して
               花瓶にする。
               あちらから眺めこちらから眺め格闘しています。
               自然石の亀裂の味を現すのは、至難の業です。
               九分通り出来上がった物です。
               細部はこれからですが・・・。
               今から釉薬は?などなど考えて楽しんでいます。

               昨年の積み残しの釉薬掛け・・
               本焼きと多忙の日々になりそうです。
                    




  1. 2017/04/13(木) 09:47:43|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ